本文へスキップ

愛知県立瀬戸窯業高等学校 専攻科

お問い合わせはTEL.0561-82-2003

〒489-0883 愛知県瀬戸市東権現町22−1
E-mail senkoka@setoyogyo-h.aichi-c.ed.jp

愛知県立瀬戸窯業高等学校 専攻科




専攻科とは..
.   

 専攻科は陶芸をさらに学びたいと願う、本校卒業生のために昭和47年に創設されました。現在は、年齢・経験を問わず、高校卒業以上の人を対象に陶芸を本格的に学びたい人達が全国から集まってきています。
 在籍期間は2年間で、地元の多才な陶芸作家の指導のもと、やきものの基本的な知識や高度な技術を身につけることができます。また、茶道具作りや型とろくろのように、違う成形方法を組み合わせて作品を作るクレイデザインなど、やきものの可能性を探る魅力ある授業を展開しています。

※ページが正しく表示されない場合は、Internet Explorer等のバージョンを新しいものにしてください。


  ← 初めての方は、アカウント登録が必要です。

新着情報お知らせ



2019年5月10日
第3回瀬戸・藤四郎トリエンナーレにおいて、本校専攻科卒業生の波多野祐希さんが審査員特別賞を受賞しました。      
詳細はこちらから。



2019年1月15日
平成30年度「セラミック陶芸専攻科修了制作展」のご案内      詳細はこちらから。

2018年11月8日
平成31年度専攻科入学者募集要項を掲載しました。      詳細はこちらから。(PDF形式)
2018年10月24日
今年も本校専攻科生徒が、瀬戸市美術展で多数の賞をいただきました。  詳細はこちらから。


2018年5月21日
過去の生徒作品の写真を更新しました。  詳細はこちらから。


学 費学費


(道具代含む)
(材料費含む)

教科概要教科概要




 ※ 表内の数字は、1週間当りの時間数です。

特別授業紹介特別授業紹介


 ・加藤清之先生の作品講評会
 ・山口錠鉄先生の茶道具作り
 ・鴨頭みどり先生のテクスチャー教室
 ・長江重和先生の工房見学&陶芸何でも質問

見学会見学会


 授業や施設の見学会を随時行っています。電話で御予約ください。

講 師講師



     
 松永 泰樹  竹内 真吾  安藤 良輔
     
 山口 錠鉄  作道 裕明  大谷 昌拡


石山 駿、梅本 孝征(愛知県立芸術大学教授)、加藤 清之、加藤 唐三郎、加藤 令吉、亀井 幸一、
鴨頭 みどり、鯉江 廣、佐藤 文子(愛知県立芸術大学准教授)、高嶋 廣夫、塚本 満、寺田 康雄、
長江 重和、長谷川 文彦、波多野 正典、服部 郁(瀬戸市交流活力部文化課主管)、服部 文孝(瀬戸市美術館館長)、梶田 重克(梶田絵具店)、加藤 昭博(丸石窯業原料社長)、鈴木 政成(中外陶園社長)


実習風景実習風景



        
        
        
          
         
       
           
         
            

名古屋駅より
■地下鉄・名鉄利用
 栄まで地下鉄(約5分)
 地下鉄栄駅から名鉄栄町駅へ(徒歩3分)
 栄町駅から尾張瀬戸駅まで名鉄瀬戸線(約30分)
■JR利用
 中央本線大曽根駅までJR(約10分)
 JR大曽根駅から名鉄大曽根駅へ(徒歩3分)
 大曽根駅から尾張瀬戸駅まで名鉄瀬戸線(25分)

尾張瀬戸駅より
 徒歩(約7分)



詳しい地図を見る